ラインライブの観すぎでパケ死が多ければモバイルルーターで解決!

 

メッセンジャー、無料通話の代表的アプリとして定着した感のあるLINE。
友人同士のコミュニケーションツールなだけでなく、連絡ツールとしても使われています。

 

しかしLINEの機能はそれだけではありません。
ゲームや音楽から動画配信まで、LINE ID一つあればコミュニケーションからエンターテイメントまで楽しめます。

 

たとえばラインライブは、芸能人や一般人の配信を観たり、自分で配信したりと楽しむ要素がたくさん。
いつでもどこでもさっとスマホで配信して、視聴者とリアルタイムでコミュニケーションを図る楽しさは病みつきになります。
そして好きな芸能人からコメントに答えをもらうと本当に幸せですよね。

 

ただ、データ量を多く消費するのが悩みの種。
低速化した状態で過ごさなければならないのでは、せっかくの配信も楽しめません。
そこでモバイルルーターがあれば、足りなくなった時のサブとして使えるだけでなく、たまに外出時にPCやタブレットを持ち出す場合にも操作が簡単で便利ですよ。

 

 

 


LINE LIVEでできること

ラインライブ(LINE LIVE)では多くの芸能人の生配信が楽しめ、リアルタイムにコメントやスタンプを送れます。
送られたコメントは配信者にも表示されるため、タイミングよく目に留まれば答えてくれる人もいるので双方向のコミュニケーションが図れるのが楽しいですね。

 

それだけでなく一般人でもLINE IDさえ持っていれば、今すぐにでも思い立った時にスマホでさっとライブを始められて簡単。
顔認識のスタンプを使ったり、画面の色調を変えたりしてより楽しい配信にできますし、仲間内で遊びの様子を共有したり旅行先での配信をしたりと、活用の幅は無限です。

ラインライブ(LINE LIVE)の節約モードって?

ラインライブ(LINE LIVE)はいつでもどこでも楽しめる手軽さがあり、芸能人のLINEアカウントを友だち登録していれば生放送の予定もトークに送られてきます。 そのため、暇な時間ができるとついつい観てしまいがちになり、通信量が増えてしまうことに。 LIVEの画質を低画質にするだけでもある程度データ量の消費は抑えられますが、観るときに「節約モード」にすることで90%の節約が図れます。 しかしこのモードでは画像が1分おきに更新されるだけなので、ハートやコメントはリアルタイムで送れるもののせっかくのライブ感が台無し。 画面を観ることはできないけどせめて音声だけでも聴きたいときくらいにしか、使う余地はないでしょう。 視聴だけなら設定である程度コントロールできますが、配信する側になればなおさらデータ量がかさみます。 ただ観てコメントするよりも配信する方がより楽しいと、スマホで大容量プランを契約してかつ節約モードを使っていても月末には低速化に苦しむことになるかもしれません。

まとめ:節約モードにするくらいならモバイルルーターで快適に

ラインライブ(LINE LIVE)のだいご味は、好きな芸能人と双方向のコミュニケーションがライブで楽しめるだけでなく、自分も配信してコミュニケーションを楽しめるところにあります。 スタンプやハートなどを使えばより表現豊かになって楽しいですよね。 ただ、こうしたサービスにはデータ量の消費はつきものです。 かといって節約モードを使うと、節約にはなりますがライブ感は台無しですし、そもそも配信する場合には意味がありません。 ラインライブ(LINE LIVE)で視聴も配信も120%楽しむなら、モバイルルーターとのダブル使いがおすすめ。 より多く配信してファンをつかむこともできますし、好きな芸能人をライブを通じてめいっぱい応援することもできますよ。

おすすめモバイルルーターはBroad WiMAX

私がLINE LIVEを利用するときに使っているモバイルルーターは、Broad WiMAXです。 新規契約だと最新端末が0円なだけでなく、月額料金が2,726円からなので、スマホの大容量プランよりお得に通信量が使い放題。 LINE LIVEを高画質で観られるだけでなく、低速化を気にせずどんどん配信もできるので楽しいですよ。 ⇒業界最安値2,726円のBroadWiMAX